孤独を癒す交流の場!介護予防のために大切な場所

  • -

孤独を癒す交流の場!介護予防のために大切な場所

仲間づくり・いきがいづくりを行う交流の場!

地域に住む高齢者だけではなく、障害者や子育て中の親など、閉じこもりや孤立しがちな人たちが、気軽に集まり、仲間づくり・生きがいづくりを行う交流の場がサロンなんですよね。茶話会や歌、健康体操、レクリエーション、講話などの生涯学習、季節の行事など、地域の人たちが企画・運営しているんですよ。ほとんどが高齢者のサロンですが、障害者や3世代、子育てサロンも立ち上がっていますね。公民館での開催が主ですが、自宅や神社、福祉施設の空き室などを利用したものもありますよ。

歩いて行ける!気軽なサロン

「歩いて行ける距離」にあるサロンは、気軽に出掛けられ、いろいろな人と触れ合うことができるので孤独感が癒されますし、楽しみができて、閉じこもり防止、結果的には介護予防にもつながるんですよね。サロンは仲間をつくるための場所でもありますし、また、お互いを見守るための活動の場でもあるんですよね。3歳から100歳までの人が参加している3世代サロンでは、毎年7月近くになると、七夕飾りを作り、公民館周辺の駅や商店街、施設などに寄贈しているんですよ。

サロンへの参加で介護予防!

サロンでの活動で参加者が、社会とつながっていることを意識・実感できているんですよね。サロンへ定期的に参加することで、生活にメリハリがつきますので、適度な運動や刺激により、認知症や寝たきりの介護予防にも効果があると言われているんですよ。高齢になっても元気で楽しく暮らし続けるためにも、地域のサロンに足を運んでみてはいかがでしょうか?今まで知らなかったような、新しい世界が広がり、ワクワクするような日々を過ごせるかもしれませんよ。

いま介護の求人には経験や資格がない人でも応募や採用があり、そういう方でもがんばって働いています。仕事は最初から丁寧に教えてもらえるので心配もありません。