飲食店のバイトの離職率を下げるためにすべきこと

  • -

飲食店のバイトの離職率を下げるためにすべきこと

飲食店のアルバイトは離職率が高い

中には例外はありますが、飲食店のアルバイトの離職率は高いといわれています。大手のチェーン店であろうと個人経営の小さな店であろうと同じことであり、その理由は仕事内容がハードでありながら給与があまり高くないなどが挙げられています。また、お店一つにつき責任者である正社員が一人か二人のみで、残りがすべてアルバイトで構成されているというお店も珍しくなく、そのためにアルバイト個々人に業務量や責任の裁量が偏ってしまうこともあるためでもあります。

離職率を低くする工夫とは

せっかく雇い、研修をして一人前に仕立て上げたアルバイトが早期で退職してしまっては、時間もコストも無駄になってしまいます。また、常に新人がいるような環境では円滑に業務は進まないばかりか、お店そのもののクオリティも向上させるのは難しいでしょう。そのためにもアルバイトの定着率を向上させる必要があるといえるでしょう。日々の業務の中で離職率を低くするための努力が必要であり、それはつまり働きやすい環境をつくることが求められるのです。

アルバイトが働きやすい環境とは

アルバイトを辞めさせないためには、職場の環境を良くすることが求められます。その手っ取り早い方法が個々の業務量を減らすことです。それはつまり一人でも多くのアルバイトを雇えば良いというわけではなく、作業のひとつひとつをマニュアル化をして、簡潔かつ効率的に作業を遂行できるようにすることです。臨機応変な対応を何度も迫るのではなく、きちんと明文化された範囲内での作業を任せ、それ以上の業務が発生した場合には責任者を頼るような環境をつくるのです。

福岡市での飲食店の求人はたくさん出ていますから、自分の能力や適性に応じて職場を選べるというメリットがあります。