保育士の免許は永遠だった。しかし、進化する日本では……?

  • -

保育士の免許は永遠だった。しかし、進化する日本では……?

更新しなくていい免許?

子供と触れ合うことが好きな人は、やはり彼らと関わる仕事につくこと多いでしょう。例えば、教師がそうですね。幼稚園の先生や保育士もだいたいは子供が好きですよね。そもそも事情がない限りはどんな子たちも、またその先生たちですら幼稚園や保育園に通いますよね。保育士になった先生が初めて保育園に足を運ぶ時、なんだか懐かしい場所に返ったかのような気がするのではないでしょうか。ところで、その保育園の先生になるにはどうしたらいいでしょうか。もちろんたくさんの勉強をして免許を取らないといけません。資格を取るには、色んなパターンでの方法があります。取得するのは大変ですが、一つだけこの免許には特徴があります。保育士の免許は更新する必要がないのです。永遠にそのままで使用できるのですね。

むしろ不安?でも!いろいろ変わってきた保育士の免許

免許が更新されないということは、試験をした時と同じままの状態であるかちゃんとチェックできないという不安も出てきます。そうであっても毎日の勉強をするのは当然のことですが、それを計ることが出来なくなってしまうと捉えることも出来てしまいます。しかし、最近になって保育士免許にも変化が現れてきました。児童福祉法が改正されるなどしたからです。これによって、政府はさまざまな改正だけではなく、保育士たちにはなにより向上し続けることすらも定義したのです。保育士全体の質が上がることが何より望まれている、ということだと思います。なにより保育園内での事故の多発、子供にまつわる病気の増加などにより、保育士たちの常々の意識の変化が大切になってきている、と思われるようになったからでしょう。

質の高い保育士たちが日本に羽ばたくことで子供たちも

子供たちは保育園だけで育つわけではないですよね。現在ではさきほどの改正の中にもあるように、保護者たちへの児童に対する教育なども保育士の仕事の一つになっています。これからは家と保育園での共同作業となりますね。保育士も親も、いつだって向上心も持つことはとても大事なことですよね。たとえ更新することのない免許だとしても、それぞれの立場で成長していくといいでしょう。自分自身を更新し続けることで、子供たちを育てる力が育っていくのですよ。そうすると、彼らがひよこから大人の鳥になった時に、日本や世界で大きくたくましく羽ばたいていくことになることでしょう。

とても多く増えていると話題になっているのが保育園の求人で、男性や女性問わず応募している所がとても多く増えています。