保育士の働き方!その魅力と苦労についてホンネを教えます!

  • -

保育士の働き方!その魅力と苦労についてホンネを教えます!

憧れの保育士の仕事とは

保育士に憧れを抱く、特に若い女性は少なくないでしょう。かわいらしい子供たちと触れ合い、その健やかな成長のために頑張るというのは、何よりも得難い経験となります。これは間違いのない事実であり、子供好きの人にとってはたまらない職場でしょう。ところが、残念ながら保育士の仕事は子供の面倒を見るだけではありません。保育園や施設の方針にも左右されますが、一人でどのくらいの子供をどう見るか異なりますし、保護者向けに子供の記録を付けることは当たり前、施設運営のための事務作業の他、持ち帰ってまで仕事をしなければならないこともあります。保護者同士がトラブルになるケースも稀ではなく、仲裁等に苦労させられることも多いという現実があります。

辛いだけなんてとんでもない、保育士の魅力

子供が好きな人にとって保育士は辛いだけの仕事ではありませんし、待機児童という社会問題が強く問題視されている今、需要の多い仕事でもあります。実は、どのような仕事でもそうですが、保育士の環境は施設の状況や運営方針によって大きく異なります。子供たちにお手製の紙芝居を見せる、人形劇やお遊戯会を運営する、といった活動を積極的に取り入れているところもあれば、時間内に子供の面倒をみることだけに特化している施設もあります。環境面でも、自然豊かで広々とした施設もあれば、都会の真ん中の小さな一室だけの施設もあります。それぞれに魅力やメリットがあり、積極的に活動している場合、創意工夫や企画運営、地道な努力を重ねることが好きであれば天職ですが、もしもそういったことは苦手意識を抱いている人や、あるいは自分が子育てをしているのであまり時間をかけられないという状態だと、全く受け入れがたいことになります。大事なことは自分のやりたいこと、優先したいことをはっきりさせ、それを実現できる施設を探すことなのです。

保育士は、子育て後の求人が多い仕事です

保育士として働いていた人が、結婚や出産を機に退職するケースは多く、そして自他共に子育てのベテランとなった人に対する保育士の求人は非常に多いと言えます。様々な経験が豊富であることから、社会的にも信頼されやすくなるためです。このため、どうしても離職をする期間を余儀なくされる女性に向いている仕事と言えます。注意したいのは、やはり自分の子育てと両立させるのは、簡単なことではないということです。時間で区切ったり、他の人と交代して貰ったり、という環境にない傾向にあり、「保育士」「先生」と呼ばれる立場として責任を負わねばならないことが多いのです。しかし、折角取得した国家資格と、自らつちかった経験を、是非活かして欲しいと思います。そのためには、まずご家庭の家事育児に関する協力体制を事前に話し合っておくことと、再就職時の面接で、自分の家庭環境や働き方に対する考え方・要望をはっきりと伝えておくことです。特に働き方に対する職場との意見の不一致は、後々で大きな問題を招きやすいので、是非意思疎通ができる施設を選んでください。

保育士の求人なら神奈川では、未経験者であっても教育体制や研修体制が充実しているので、即戦力として働けます。