車の免許がなくても乗れる!?フォークリフトの免許とは

  • -

車の免許がなくても乗れる!?フォークリフトの免許とは

「フォークリフトの免許」とは一体どんなもの?

物流などの倉庫作業をはじめ、建設資材の運搬や機械の積み下ろしなどの現場作業において、フォークリフトの存在は欠かすことができません。特に最近は、ネット通販の普及などもあって物流の仕事が次第に増えつつあり、フォークリフト運転手の需要も高まってきているようです。このフォークリフトを運転するのに必要な資格は、実は「免許」ではないことをご存知でしょうか?いわゆる「フォークリフトの免許」と呼ばれるものは、「フォークリフト運転技能講習」または「フォークリフト運転特別教育」という、講習を終了した人に与えられる「修了証」のことなのです。2つの資格のうち、「フォークリフト運転特別教育」の修了者は、最大荷重が1t未満の小型のフォークリフトなどが運転できます。また「フォークリフト運転技能講習」の修了者は、最大荷重1t以上を含めたすべてのフォークリフトやコンテナキャリアなどを運転することができるのです。

自動車免許がなくても、フォークリフトは運転できる!

この「フォークリフト運転特別教育」や「フォークリフト運転技能講習」は、各都道府県の労働局が指定する専門の教習機関で行われます。ただし、「フォークリフト特別教育」の場合は、教習所へ行かなくても各事業者の指導で運転することができます。そのため一般的に「フォークリフトの免許を取る」と言った場合は、「フォークリフト運転技能講習」を受講することを意味することが多いようです。「フォークリフト運転技能講習」は、原則として合計35時間の学科と実技の講習を受ける必要があり、通常4~5日かけて受講し最後に学科と実技の試験を受けて合格すれば修了します。この講習を受講するには自動車の免許は特に必要ありません。なぜなら、フォークリフトは基本的に工場や倉庫などで使用するので公道を走らないためです。ただし、フォークリフトで公道を走行する場合には小型特殊や大型特殊などの免許が必要になります。

自動車免許の所持や実務経験で違う、講習の受講時間

普通免許や大型の免許を持っていたり、フォークリフト特別教育の修了者ですでに1t未満のフォークリフトの運転経験がある場合には受講時間が減免されるなどのメリットがあります。普通車や大型の免許を持っている場合には通常35時間の受講時間が31時間、実務経験がある場合には15時間や11時間になるコースもあります。受講コースによって日数や受講費用も違いますが、35時間コースの場合は通常4、5日の受講で4万前後の費用になるようです。以上、簡単にフォークリフトの免許について説明しましたがいかがでしたか?持っていれば何かと有利なフォークリフト免許、一度チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

フォークリフトの求人は、都市部を中心として目立ち始めており、中高年の男性の間では、就業先の雇用形態や勤務体系などを把握することが求められます。